知っておきたい!CADを導入することで得られるメリット

データ共有が容易に出来る

CADを導入するメリットとしてまず挙げられるのは、データ共有が容易に出来るということです。紙の図面だと、大勢の人と共有する場合は、複製を作ったり、現物を持ち歩いたりといった手間がかかりますが、CADなら、パソコンがあれば誰でも見ることが可能となります。ですので、社内で共同作業を行う場合などにデータを共有することが出来ますし、加工や製造といった設計後の工程を受け持つ部署へデータを渡すことも簡単に出来ます。さらに社内だけでなく、社外の企業などとデータをやり取りすることも出来るため、企業間での業務もスムーズに行うことが出来るのです。

図面の修正や編集が容易に出来る

次に挙げられるメリットは、図面の修正や編集が容易に出来るということです。紙の図面では、修正する場合、消しゴムを使ったり、再び描き直したりするなどの作業を行う必要があるためとても手間がかかります。しかしCADであれば、パソコン上での操作になるので比較的簡単に修正することが可能です。製品を新しく開発しようとする際は、全く新しいものを作るというケースだけでなく、既にある製品を元にして、新たに手を加えるといったケースも多いと言えるでしょう。ですので、そうした場合にCADを使えば、既にある製品の図面を編集することで、新しい製品の図面を作成することが容易に出来るため、非常に便利です。さらに、自社の製品だけでなく、一般公開されている部品のデータなどを利用したいという場合も、CADを使えば簡単に行うことが出来ます。

電気CADとは、図面の作成や設計を効率よく行える設計支援システムです。配電盤や制御盤といった電気専用のパーツを図面に配置することができます。